京都錦秋
  
   
紅葉踏み分け 昇る石段

唐紅に 織り成す錦

神代も聞かず 神代も聞かず

今年もここへ やって来た

京都 嵯峨野 常寂光寺

戯れに 百人一首口ずさむ

王朝歌人 偲びつつ

 

照る日の光 見えぬほど

唐紅に 紅葉の錦

神の間に間に 神の間に間に

そぞろ歩きの ひとり旅

京都 東山 永観堂

見上げれば 秋空高く逆光が

透かす葉の波 目にしみる

 

紅葉を映す 西日さえ

唐紅に 釣瓶を落とす

神の黄昏 神の黄昏

歩く疎水の 道も染め

京都 山科 毘沙門堂

淋しさが 心の底からこみ上げる

鹿鳴く声も しないのに
          


                                                
              試聴・DLはこちらから